龍門の滝観光協会 竜門寺

大分県玖珠郡九重町 龍門の滝観光協会公式ホームページ

01.jpg

HOME > 竜門寺

吉祥山竜門寺

ryuumonji01.jpg

龍門の滝と竜門寺

国定公園であり元内務省名称指定地「竜門の滝」は寛元年中(七五〇余年前)鎌倉時代に宋朝より蘭渓道隆禅師が来朝の砌り当地に杖を留められ、この滝をご覧になられ形容が唐土(もろこし)河南府の竜門の滝に似ているので、この滝を「竜門の滝」と名付け、またこの地の奇景十二の名所を定め傍に一宇を建立し吉祥山竜門寺とされました。
それより宝永六年まで五百三年に至る間の天正年中の兵火により伽藍は残らず炎焼し久しく廃絶のところ宝暦のはじめ新たに寺坊建立され今日に至っております。
尚、近年有志方により俳聖芭蕉の末流として有名な郷土の俳人馬貞翁の句碑「唐うつす滝の気色や寒のうち」をはじめ、同じく郷土の名画伯「珠渓翁」の筆塚が建立され錦上更に錦を添えた風情があります。
因に当寺は禅宗三派「曹洞宗・臨済宗・黄檗宗」のうち黄檗宗(おうばくしゅう)寺院であります。

ryuumonji0.bmp


ryuumonji03.bmpryuumonji02.bmpryuumonji04.bmpryuumonji05.bmp
ryumonji02.jpgryumonji04.jpgryumonji03.jpgryuumonji06.bmp